$latestPostDate = get_the_latest_postDate(); VICTIM&CO. OFFICIAL WEBSITE | ヴィクティムオフィシャルサイト

大河

 

一足遅れてこちらの事を書いてみようかと。

歴史に興味のない方はすいません。スルーしてもらって結構です。

 

先週末、無事に最終話を迎えた大河ドラマ。「真田丸」

 

 

1話目からもの凄い期待を胸に、無事に最終話まで全て見る事が出来ました。

だって主役が「真田幸村」ですからね。歴史好きからしたら直球過ぎて期待と正直な不安もありました。

ですが、さすがは三谷幸喜監督。現代語での大河も新鮮でしたが、最後まで全く飽きもなく見れました。

絶妙な配役、絶妙な笑い、そして伏線の張り方。いやーすごかった。

 

個人的には「真田昌幸」演じる草刈正雄さん。そして「稲」を演じる吉田羊さん。

「豊臣秀頼」を演じる中川大志さん。そして「本多正信」演じる近藤正臣さん。

最高でしたね。僕も当時の本人を知ってるわけではないですが。。。

 

ゲームがきっかけで小学校の頃から歴史が好きで、更に戦国時代が好きですが、

それよりも何よりも僕は「大河」という大きな言葉が好きです。

 

もともとテレビドラマではなく、小説に使われていた言葉から来ているようです。

もともと「大河小説」とは,その名前の通り 「大河のように長い年月に渡る歴史を書きつづった小説」

のことを指す言葉だったそうです。

これは、フランスの文豪ロマン・ロランが自作の「ジャン・クリストフ」を大河に例えた事に由来し、

人々の生涯や歴史を時代の流れの中でとらえていこうとする壮大な長編小説の事を意味するようになりました。

なので、NHKが一年を通じて放送する歴史ドラマのことを、「大河ドラマ」という

ようになったのではないでしょうか。との事。(WEBページから参照)

 

「大河のように長い年月に渡る歴史を書きつづった小説」

とても壮大でとても素敵な言葉です。

 

そして来年から始まる「井伊直虎」

正直、渋い。。。そして女性が主演の大河はあまり最後まで見れた事がない。

でも同じ戦国時代の話だからきっと見たらハマっちゃうんだろうな。

同じ家系図で言うと、僕は井伊直政の歴史の方が個人的には見てみたい気もします。

2016.12.23 19:54

SHARE

VTM